ブログ

おうち英語に語りかけは必要か?英語育児をしながら感じたこと

おうち英語に語りかけは必要か?

おうち英語を始めるにあたり、親から子への「英語での語りかけ」は必要なのだろうか?

積極的な語りかけを推奨する意見もあれば、必要がないと言い切る専門家もいる。

私の場合、ある程度英語を話すことができるが、あえて「語りかけ」をしない方法を選んだ。

英語での語りかけをしない理由:

  • 母語=日本語を最優先
  • 家族間のコミュニケーションを重視
  • 音読・暗唱もアウトプットと認識
  • 英会話は外注可
    (オンライン英会話等)
  • 英語でのアウトプットは焦らない

おうち英語(英語育児)には色々な方法があり、目標レベルも、「英語ができる」のイメージも、家庭によって様々だ。

結局のところ、語りかけが必要かどうかは、それぞれが判断すべきところなのだろう。

英語育児の進め方
はじめに~我が家の英語育児とブログコンセプト~親としてできること英語育児を実践している我が家のリアルな情報をブログという形でお届けします。子どもと楽しく英語を学ぶために親ができることとは?英語育児の進め方を分かりやすくまとめました。...
英語育児の参考書
英語育児本のおすすめは?おうち英語の参考にしたい良書を厳選!英語育児の参考にしたいおすすめの本を厳選して紹介します。家庭で楽しく実践できる方法・英語の絵本や児童書を活用して、最終的には高いレベルの英語力を身に付けることを目標とした本を選びました。...

おうち英語と「英語での語りかけ」

おうち英語(英語育児/バイリンガル育児)に関する書籍を開くと、英語での語りかけは必要という意見も、そうでないという意見も目にする。

経験者の声も、様々だ。

家庭内に二言語が存在する(英語話者がいる)環境ならば、英語でコミュニケーションを取るのはごく自然な流れだし、英語が得意な保護者がそのメリットを活かそうとするのも十分理解できる。

実際に、英語での語りかけを行った方が理解は早まると思うし、子どもにとっても英語そのものが身近な存在になるという意見にも納得する。

私自身は語りかけをしていないが、周囲の友人知人で実践している方に理由を聞くと、以下のような声を聞くことができた。

  • 親が英語話者
  • おうち英語開始が遅かった
  • 親子で英語を学んでいる
  • 語りかけ推奨メソッドを実践中
  • 英語を「話せる」ようになって欲しい

たとえば英語育児で有名な「タエさん」の著書を読むと、語りかけが有効だったと明確に書かれているし、彼女の経験を参考に進めたいということであれば、そっくり真似してみるのもいいだろう。

実際に取り組んでいく中で、親にとっても子どもにとっても、それが必要なのかを見極めれば良いと思っている。

なぜ英語での語りかけをしないのか

では、なぜ私が英語での語りかけをしないのか、その理由を整理してみたい。

日本語を最優先したい

我が家は長女の誕生と同時に「おうち英語」を始めたが、インターに入る予定はなく、日本の教育機関で学ぶことになっている。

そのため、生活言語としても学習言語としても、まずは日本語をしっかり身に付けて欲しいと願ってきた。

もちろん、本人が希望すれば、遠い未来に留学する可能性はある。

発話もない時期から毎日英語をかけ流してきたので、早期英語教育のデメリットとして指摘される「母語への弊害」を気にかけていたのもある。

早期英語教育のデメリットを考える
幼児への早期英語教育が生む弊害について考えるー母語への影響はあるのか早期英語教育が生む弊害について、母語への影響などを踏まえながら指摘する声が多くあります。しかし、大切なのは二言語のバランスではないでしょうか。...

とにかく、まずは日本語。

第二言語は、第一言語を超えないとも言われているし、その名の通り「バイリンガル」になって欲しいというわけでもない。

将来的に、仕事でも学問でも英語を使いこなせるようになってくれれば十分だと思っている(そのレベルまで到達するのも、相当大変だ)。

家族間のコミュニケーションを大切にしたい

私自身は英語を話すことができるが、娘たちの父親はそうではない。

家族間のコミュニケーションは大切にしたいので、共通言語は日本語にしたいという思いもある。

また、私が参考にしている『世界で活躍する子の<英語力>の育て方』をはじめ、高度な英語力を目指すメソッドの多くが、アウトプットよりもインプットを重視している。

つまり、子どもの英語学習には「英会話よりもリーディング力」ということだ。

みか
みか
さらに、本の中でとても心に響いた箇所がありまして…

非ネイティブが語りかける英語は、指示、命令、質問など「冷たい言葉」に偏りがちです。子どもが最初に身につける言葉は「親子の信頼関係をつなぐ架け橋」の役割を持っています。ですから、「愛情のこもった言葉」をたくさんかけてあげることが親子関係を良好にする上でも大切なのです。

引用元:世界で活躍する子の<英語力>の育て方

子どもの英語教育は、「親が教えるよりも環境に任せた方がはるかに効率的」という意見にも納得する。

母語や親子関係、あるいは子どもを取り巻く社会の中で、娘たちに影響のない範囲で、たくさん英語に触れさせたいと思っている。

英語育児の参考書
英語育児本のおすすめは?おうち英語の参考にしたい良書を厳選!英語育児の参考にしたいおすすめの本を厳選して紹介します。家庭で楽しく実践できる方法・英語の絵本や児童書を活用して、最終的には高いレベルの英語力を身に付けることを目標とした本を選びました。...

ネイティブの英語を聞かせたい

昔に比べて、英語へのアクセスが非常に簡単な世の中になった。

英語の教材にしても、絵本にしても、ネイティブの声で読み上げてくれる便利なツールが沢山存在する。

娘たちと並んで座り、絵本を一緒にめくったりはするが、私が読み聞かせる必要はない(日本語の絵本は別)。

英語での会話表現に関しては、YouTube動画やDVDからも学べるだろう。

日本にいながらも、家庭内を英語圏のような環境に近づけることは可能だと思っている。

英語の絵本で読み聞かせ
英語の絵本(CD・音声付き)で読み聞かせを始めよう!おすすめは?英語の絵本で読み聞かせを始めましょう。CD・音声付きの絵本なら、英語が苦手な保護者の方でも大丈夫!赤ちゃんから始められる英語絵本育児で楽しく「おうち英語」をスタートしませんか?...

アウトプットは焦っていない

おうち英語を実践している方の中には、「子どもがなかなか英語を口にしてくれない」と心配される方も多いようだ。

しかし、英語でのアウトプットが必要になるのは、「今」ではないと思っている。

英会話スキルが必要な場合
  • インターに入園・入学する
  • 英語圏に移住する(留学)する
  • 仕事や趣味で英会話力を要される

高校や大学でも、英語でのコミュニケーションスキルが問われる場合もあるし、早期から実技を含む検定試験にチャレンジするのなら、確かに会話スキルも必要になる。

日本語が飛び交う社会で英語を話せれば、周囲には褒められるだろうし、本人にとっても良い自信にはなるだろう。

英語の知育玩具で遊ぶ娘

だが、アウトプットが本当に必要とされるのは、もっともっと先のことだと考える。

そしてこれは重要なポイントなのだが、十分なインプットがないのにアウトプットを求めても、スラスラと自然に出てくるわけがない。

インプット > アウトプット

今は焦らずに、ひたすら良質なインプットを重ねていけばいいだろう。

実際に、0歳から語りかけなしでも英語を浴びせ続けてきた結果、長女は少しずつ英語を口にするようになった。

3歳を過ぎるとセンテンスで話すようになり、独り言の9割が英語になっている。

英語育児と成長記録・英語力
年齢別の英語育児記録:家庭での取り組みと娘たちの英語力英語育児の内容と英語力の変化・成長の様子について、使用した教材なども紹介しつつ、年齢別にまとめました。 0~1歳:長女 https:...

アウトプットの場は外注できる

日本語話者の家庭でも、英語で話す機会を作ることは可能だ。

その代表格ともいえるのが、オンライン英会話だろう。

我が家の一押し!予約不要の英会話
▼ ▼ ▼

我が家では「おうち英語」の補助的なツールとして、3歳半から取り入れてきた。

長女が、英語で会話をしない私に不満をぶつけるようになったことがきっかけである。

ひたすらインプットを続けてきたものの、「アウトプットをしたくてたまらない状態」になったのだろう。

個人的には、このタイミングまで待っていて良かったと思っている。

英語育児の進め方
はじめに~我が家の英語育児とブログコンセプト~親としてできること英語育児を実践している我が家のリアルな情報をブログという形でお届けします。子どもと楽しく英語を学ぶために親ができることとは?英語育児の進め方を分かりやすくまとめました。...
英語育児の参考書
英語育児本のおすすめは?おうち英語の参考にしたい良書を厳選!英語育児の参考にしたいおすすめの本を厳選して紹介します。家庭で楽しく実践できる方法・英語の絵本や児童書を活用して、最終的には高いレベルの英語力を身に付けることを目標とした本を選びました。...
英語育児note運営
みか
みか
2人姉妹の母。海外留学や海外勤務を通して、語学の習得が貴重な武器・財産になることを実感。子どもたちには早期から効率良く英語を身に付けて欲しいと願い、0歳から英語育児をスタート。絵本や教材レビュー・成長記録などを発信しています。このブログを通して、一人でも多くの「おうち英語仲間」が増えてくれたら嬉しいです。
\ Follow me /