ブログ

英語の多読スタート!幼児でも読めるようになったそのワケと経過

幼児期から始めた英語の多読と経過

英語の多読と言えば年齢を問わず推奨されている英語学習方法の一つであるが、幼児の場合はどのように始めて、どのように読めるようになっていくのか、はじめは全く想像ができなかった。

子どもの英語学習に関する本や体験談を読んでも、

  1. フォニックス+サイトワーズを学ぶ
  2. はじめはお手本を聞きながら音読する
  3. 少しずつ音読の難易度を上げていく

このように書かれてはいるが、②と③の間、つまり「いつからどのように、お手本なしで自力読みができるようになるのか」が分からなかったのだ。

もちろん個人差は大きいのだろうが、娘の場合はどのように英文を読めるようになったのか、改めて振り返ってみたい。

英語育児の進め方
はじめに~我が家の英語育児とブログコンセプト~親としてできること英語育児を実践している我が家のリアルな情報をブログという形でお届けします。子どもと楽しく英語を学ぶために親ができることとは?英語育児の進め方を分かりやすくまとめました。...
フォニックスを幼児と家庭で学ぶ方法
フォニックスを家庭で学びたい!幼児への教え方とおすすめの教材フォニックスを家庭で学習するための教材やアプリ・絵本について紹介します。幼児でも取り組みやすく、フォニックスを学んだことがない親でもサポートしやすい方法とは?...

英語の多読を始める前の準備【幼児期編】

我が家では「かけ流しと多読を軸に英語力を育てたい」と考えてきたので、多読を始める前の土台作りも入念に行ってきた。

毎日のかけ流しと動画視聴によって英語のインプットを継続し、娘が2歳になってからはCTP絵本を導入して「暗唱」も始めた。

暗唱と言っても、無理に覚えさせたことはない。

CTP絵本のCDをひたすらかけ流し、毎日親子で絵本をめくって意味を推測できるようにしただけである。耳に残りやすいCTP絵本は、それを繰り返すだけで自然に覚えられるのだ。

暗唱のきっかけになった本

CTP絵本の暗唱により語彙が増え、基礎的な文法構造を感覚的に理解できたことは、多読を始める前の土台作りとして大きな役割を果たしてくれたように思う。

そして娘が文字に興味を持ち、絵本を自力で読みたがるようになった時、フォニックスを本格的に始めることにした。

多読を始めたのは、フォニックスを活用して「三文字単語(短母音)」を読めるようになったタイミングである。

フォニックスを幼児と家庭で学ぶ方法
フォニックスを家庭で学びたい!幼児への教え方とおすすめの教材フォニックスを家庭で学習するための教材やアプリ・絵本について紹介します。幼児でも取り組みやすく、フォニックスを学んだことがない親でもサポートしやすい方法とは?...

英語の多読はレベル設定と継続が鍵

はじめての音読教材は『BOB Books』にした。

初歩的なフォニックスの知識だけで読めるように作られた絵本である。復唱ではなく「自分で読む」という挑戦は、一歩間違えれば自信を喪失することになり兼ねない。

まずは達成感を味わって欲しかったので、確実に読めそうな絵本から始めようと思った。

Bob Booksを紹介するブログ
Bob Books(ボブ ブックス)で音読練習!子どもの多読デビューにBob Books(ボブブックス)は、はじめての音読絵本として人気のアーリー・リーダーズです。このブログでは、Bob Booksの魅力や使い方について詳しく紹介します。...

三文字単語(短母音)に関しては『Sounds Great2』でしっかり学んだので、あとはいくつかのサイトワーズさえ読めれば何とかなりそうだった。

たとえば「a」「and」「the」など、どこでも目にする単語が何となく分かれば大丈夫。

Souds Greatレビュー口コミ
Sounds Greatでフォニックスを学ぼう!使い方とその効果は?Sounds Greatは、フォニックスを学ぶための最適な教材の一つです。初心者でも分かりやすいテキストと動画(QRコード付)、そしてアプリを活用することで、英文を読むための土台を築くことができます。...

私からの「自分で読んでみる?」という問いに対して、はじめは「難しいよ~できないよ~」と言っていた長女だが、いざページをめくってみると、顔がぱぁーっと明るくなった。

B+O+B、BOB!
ブ、オ、ブ、ボブ!

すべての単語をスムーズに読めたわけではない。

はじめは頭で考えながら一つ一つの単語を音声化し、時間をかけて何とか読み切った形だ。しかし、1セット(=12冊)を終える頃には随分と流暢に読めるようになっていた。

音読も慣れであり、トレーニングである。

もちろん、私の助けを必要とする場面もあったが、そういう絵本は翌日にもう一度読ませてみたり、音声化できなかった単語だけ繰り返し確認したりして、とにかく自分で声に出す練習を繰り返した。

そしてBOB BOOKS(3セット)を2周したことで、絵本に登場する単語は考えずに一目で読めるようになった。

フォニックスの知識を使って読めるようになった単語と、頻回に目にしたことで視覚的に覚えてしまった単語。これらが増えると、次の段階の絵本も読めるようになるらしい。

  1. 自力で読ませる
  2. 読めない単語があれば教える
  3. 翌日にもう一度同じ本を音読させる
  4. 読めるようになったら次の絵本へ
  5. 少しずつ絵本のレベルを上げていく

アーリー・リーダーズ(1冊8~16ページ程度のリーディング教材的な絵本)をとにかく沢山読む。そして「自分でも読めた」という達成感と自信を得てもらう。

年齢や英語の学習状況・リーディングへの意欲など、多読を始めるタイミングは子どもによって違うものだが、我が家の場合はフォニックスを学び終えるまで待つ必要はなかった。

そして、英文に関してはある程度の量をこなせば、少しずつ読めるようにはなっていくことを実感した。

Bob Booksを紹介するブログ
Bob Books(ボブ ブックス)で音読練習!子どもの多読デビューにBob Books(ボブブックス)は、はじめての音読絵本として人気のアーリー・リーダーズです。このブログでは、Bob Booksの魅力や使い方について詳しく紹介します。...

もう一つ、娘のリーディング力を育ててくれる強力なアプリがある。SNS等で話題の『トド英語』だ。

トド英語ではゲーム感覚で取り組みながら、フォニックスや文法を学ぶことができる。一つの単語でも複数のゲームを通して何度も読ませようとしてくるので、多少飽きてもルーティンとして継続すれば、嫌でも読めるようになるはずだ。

我が家で実践している様々な英語学習(かけ流し・動画・ワーク・絵本等)をトド英語がすっきり整理してリーディングにつなげてくれるので、娘の反応も悪くない。

フォニックスの家庭学習に悩んでいる方は、是非一度試してほしい。

トド英語の効果
トド英語の効果にびっくり?3歳から始めた娘が英文を読めるように!英語学習アプリ「トド英語」の効果とは?ゲーム感覚で取り組みながら、フォニックス(英語の文字と音の関係性)や文法を学べる優秀なアプリ、トド英語。娘は3歳からはじめ、英文を読めるようになりました。...

幼児期の多読デビューにおすすめの教材

以下、はじめての音読(初見読み/自力読み)におすすめのアーリー・リーダーズを紹介する。

先に紹介したBob Booksは、一番やさしいアーリー・リーダーズの一つではないだろうか。フォニックスを学び始めた子どもにちょうど良い教材だと思う。

サイトワーズに特化した教材だが、A~Dにレベル分けされ、同じ表現が繰り返し登場するので多読初期におすすめである。イラストではなく写真なので、子どもにとっては新鮮かもしれない。

短くてもストーリーを読めたという体験は、子どものモチベーションを上げてくれるはず。こちらも丁寧にレベル分けされているので、スモールステップで音読の精度を上げてくれるだろう。

英語育児の進め方
はじめに~我が家の英語育児とブログコンセプト~親としてできること英語育児を実践している我が家のリアルな情報をブログという形でお届けします。子どもと楽しく英語を学ぶために親ができることとは?英語育児の進め方を分かりやすくまとめました。...
英語育児の参考書
英語育児本のおすすめは?おうち英語の参考にしたい良書を厳選!英語育児の参考にしたいおすすめの本を厳選して紹介します。家庭で楽しく実践できる方法・英語の絵本や児童書を活用して、最終的には高いレベルの英語力を身に付けることを目標とした本を選びました。...
英語育児note運営
みか
みか
2人姉妹の母。海外留学や海外勤務を通して、語学の習得が貴重な武器・財産になることを実感。子どもたちには早期から効率良く英語を身に付けて欲しいと願い、0歳から英語育児をスタート。絵本や教材レビュー・成長記録などを発信しています。このブログを通して、一人でも多くの「おうち英語仲間」が増えてくれたら嬉しいです。
\ Follow me /